税理士業界の問題が転職のチャンスになる

  • 税理士転職の志望動機はありきたりな内容で良い

    • 税理士転職を行う場合に志望動機はしっかりと考えておく必要がありますが、基本的にこの志望動機の内容は一般的なありきたりな内容で構わないと言えます。



      むしろ、税理士として転職する職場によっては職歴の方が重要視されることは十分にありえます。



      税理士の転職で志望動機を適当な内容にするわけにはいきませんが、志望動機をどのように捉えるのかは面接官次第だと言えます。



      例えば、本当に人のやる気や考え方で採用を考えている職場の場合はしっかりと志望動機を考慮されるので、やはりしっかりと自分の考え方をまとめておき、面接時にそれをアピールすることが大事になりますが、志望動機をさらっと流すような職場の場合ですと、しっかりと志望動機を考えておいてもそれは無駄な作業と言えます。



      考え方として、仕事に対する自分の考えは税理士のプロとして仕事をしていくのであれば持っていて当たり前であり、転職をするためにわざわざ考えるというスタンスではなく、常に仕事に対しては色々と考えているというスタンスが好ましいと言えます。
      こうしたスタンスを持っておけば、自然と転職をする際に自分の仕事や職場に対する考えを表現することが出来るようになるので、おのずと結果はついてきます。



      履歴書だけではなく、基本的には面接でのやりとりが非常に重要でもあるので、ここでしっかりと自分を表現することが出来るようにしましょう。

      アピールすることがとても大事な要素になってきます。



  • 関連リンク

    • 税理士の資格は、定年退職なしに、気力と体力さえあれば続けられる仕事です。税理士の仕事は、独立開業のほか、会計事務所に勤務する、一般企業に勤務するの3つの職場から選ぶことができます。...

    • 税理士の方が転職する時に一番大切なことは、ご自分に合った転職サイトを見つけることです。いろいろなサイトがあるので、この仕事の情報を多く集めているところを選ぶようにしましょう。...