税理士業界の問題が転職のチャンスになる

  • 税理士へ転職を考えてみては

    • 今の仕事にやりがいが感じられないといった方は、税理士への転職を考えてみてはいかがでしょうか。



      業務はおもに、税務代行業務などになりますが、税の申告の業務のほかに、税の知識を利用したコンサルティング業務も行っているところも多くあります。



      繁忙期などは非常に忙しいですが、それに見合った給料も期待でき、なんといっても事業主相手に仕事をすることで非常にやりがいがある仕事です。自分の知識で勝負できる仕事ですので、年齢に関係なく活躍できそうですね。税理士は事務所などを設立していることが多く、企業内税理士は増えてはきていますが、依然として少ないのが現状です。

      士業は独立して顧客を獲得していくことでより多くの収入を手に入れることが可能となります。



      税理士として登録するには、国家資格である試験を突破して、実務を数年こなすことにより初めて税理士として登録することが可能となります。

      合格率も低く、努力が必要ですが、転職した後の人生は高い年収ややりがいが約束されることでしょう。



      税金というのは、生活している上でよく目につきます。



      買い物をしているときには消費税を、給料をもらう時には所得税をいったように、多くのものやサービスなどに多くの税金が課されています。こういった身近な生活に課されている税金に詳しくなることは、仕事だけではなく日常生活を送るうえでも非常に役に立ちます。
      ぜひ将来のために転職を考えてみてはいかがでしょうか。



  • 関連リンク

    • 今の仕事にやりがいが感じられないといった方は、税理士への転職を考えてみてはいかがでしょうか。業務はおもに、税務代行業務などになりますが、税の申告の業務のほかに、税の知識を利用したコンサルティング業務も行っているところも多くあります。...

    • 税理士の資格は、定年退職なしに、気力と体力さえあれば続けられる仕事です。税理士の仕事は、独立開業のほか、会計事務所に勤務する、一般企業に勤務するの3つの職場から選ぶことができます。...