税理士業界の問題が転職のチャンスになる

  • 税理士の転職は計画的に

    • 税理士の資格は、定年退職なしに、気力と体力さえあれば続けられる仕事です。



      税理士の仕事は、独立開業のほか、会計事務所に勤務する、一般企業に勤務するの3つの職場から選ぶことができます。



      いずれは独立開業を目標にするとしても、せっかく取った資格を活かして給料や待遇に反映できる職場を希望するなら会計事務所に転職、将来助言する立場になるために実際の現場を体験しておきたいなら一般企業への転職が効果的です。



      会計事務所の仕事は、さまざまな業種の顧問先の財務内容を見て、税務や経営の助言を行うので、その経験ももちろん将来有効ですが、一般企業の経理、財務との決定的な違いは、自分でするか人がするかの違いです。



      一般企業の経理、財務の仕事は、実際にお金を動かすので、リアルタイムが求められるのに対して、会計事務所の仕事は、それらの経営の結果を基に財務の資料を作成したり、分析したりすることです。



      極端に言えば、会計事務所の仕事は、正確さは求められても時間をかけて判断することができますが、一般企業の経理、財務の仕事は、タイムリーに実際にお金を動かさないと、経営に支障が起きてしまいます。
      勤務税理士として会計事務所で働く場合と、一般企業で働く場合、どちらも、将来独立開業を志すなら、しておくとためになる経験です。せっかく一生モノの税理士の資格を取ったのなら、転職する際も、その経験が自分の将来にプラスかどうか考えて選ぶことが大切です。



  • 関連リンク

    • 今の仕事にやりがいが感じられないといった方は、税理士への転職を考えてみてはいかがでしょうか。業務はおもに、税務代行業務などになりますが、税の申告の業務のほかに、税の知識を利用したコンサルティング業務も行っているところも多くあります。...

    • 税理士の方が転職する時に一番大切なことは、ご自分に合った転職サイトを見つけることです。いろいろなサイトがあるので、この仕事の情報を多く集めているところを選ぶようにしましょう。...